カードキーが中折れしてしまい鍵交換した体験談

自分は防犯の兼ね合いもあり、マイホームにはカードキーを使用しています。しかし、子供にカードキーを持たせたのが失敗でした。子供がカードキーで家を開けようと無茶苦茶な挿入の仕方をしてしまったらしく、カードキーが中で折れてしまい、ドアノブの中で取り出すことができなくなってしまいました。

なんとかカードキーを取り出すことができないかと試行錯誤しましたが、努力も虚しく、取り出すことができませんでした。仕方なしにカードキーを取り出してもらおうと思い、地元の鍵業者に電話をしたのですが、「カードキーは対象外」と言われてしまいました。

「鍵業者なのに対象外なんてあるのか」と怒りそうになりましたが、「なにか方法はないのか」と聞くと、「一番手っ取り早い方法としては鍵交換になりますね」と言われました。カードキーを取り出すにしたって、鍵交換するにしたって、業者を呼ばないと家に入ることができないので、まず家に来てもらうことにしました。

鍵業者が来てくれ、まずカードキーが取り出せるか見てもらいました。カードキーの中折れという事故はよくあるそうで、カードキーだけ出せば使えると考えている人が多いようですが、普通の鍵とは違うため、分解して取り出したとしても不具合が出たり、使えなかったりすることがよくあるそうです。

それならと思い、鍵交換してもらうことにしました。また同じように子供がカードキーを折ってしまう可能性があるので、防犯的には今ひとつですが、普通の鍵で開けるタイプのものにしました。これなら子供が無理矢理開けても中折れすることがないだろうと感じています。

初めての鍵交換

自宅マンションの玄関の鍵を交換しました。理由としては、最近妻と別居し、最終的に離婚したため、万が一にも鍵を複製されていたら押し入られてしまうと考え交換しました。
以前のものはディンプルキーで、また同様のディンプルキーに変更しました。
最初はシリンダーを自分で変えようと考え、YouTubeで解説動画をみたり、ホームページの解説をみたりして、いざドライバーを持って今のシリンダーを分解しにかかりました。
途中までやってみて、できそうだなと思ったところで元に戻し、シリンダーを買ってきて本番をしようという計画でした。
しかし、作業の半分ほどで分からなくなり、頓挫してしまいました。困った私は急いで近所の鍵屋さんに駆け込みました。
その鍵屋さんは地元に古くからある鍵屋さんで、父親から継いだ娘さんが2代目をやっているお店でとってもアットホームでした。
冬で寒いのでと出迎えてくれたおばさまが、みかんを二つくれました。
待っていると、店長さんがみえたため、事情を説明すると、今の鍵をまず修理して、後日注文した新しい鍵を取り付けることになりました。
半分分解されたシリンターを丁寧に修理し、鍵を使えるようにしてくれました。マンションのオートロックはあるものの、鍵が閉まらないのはセキュリティー上問題あり
だったので、すぐに対応して下さって良かったです。
1週間後、新しいシリンターが届いたと連絡があり、早速取り付けてもらいました。作業はスムーズで10分ほどで交換してもらいました。
料金はシリンダー交換代+部品代で35000円でした。シリンダーの修理はサービスで、と言われとても良心的でした。

自宅で使っていた鍵が折れてしまい、鍵を交換した体験談

②鍵の交換場所

何十年も使っていた自宅の鍵が折れてしまいました。住んでいる所が鳥取で田舎です。鍵交換もしたことが無かったのでネットや以前鍵交換した事がある父に聞いたりして行ってみた鍵店「スーパーロック」さん昔流に言えば錠前屋さん。そこにいらっしゃる方が施錠、解錠のプロフェッショナルで、プロ意識と技量をお持ちです。

③鍵交換をどういうところに依頼したか

始め電話で問い合わせをしてみました。「鍵が折れてしまってんですけど、鍵交換はされていますか?」「とりあえず鍵を持ってきて頂いても良いですか?」という返答でした。ネットで調べてナビを使って車で行ってみました。駐車場が無かったので、電話で聞いてみたらお店の方が出てこられて駐車場の場所を教えてくれました。店は黄色い看板に赤い文字で「スーパーロック SL 合鍵複製」と書いてありました。外観は新しくできたお店で綺麗でした。店内はそんなに広くはなかったですが、白を基調とした店内で綺麗なでした。私の他にもう一組お客さんがいて、スタッフはニ人おられました。「少し待って下さい」。と言われ15分くらい待ちました。鍵を見てもらいました。「もしかすると作っても自宅の鍵と合う物が作れないかもしれません」。と言われました。私は悩みましたが作ってもらう事にしました。値段は880円しました。30分くらいして鍵が出来上がりました。注意点を言われました。「もしかすると鍵を差し込んで折れる可能性もあるのでその時は保証します。」と言われました。以前お客さんでそういう方がおられたそうです。保証期間は1年間でした。自宅で鍵が合うか不安でしたがピッタリ合いました。

④まとめ

仕事振りが迅速で、料金も安くて満足でした。年配の男性の方でとても親切で感じの良い方でした。また鍵交換の時はお願いしたいお店だと思いました。

賃貸物件の鍵交換

我が家は賃貸物件に住んでいます。戸建の一軒家で、両隣の家も同じ賃貸の戸建てです。入居の際に、鍵交換を行いました。不動産屋を通して業者に依頼する形になり、鍵の交換にかかったお金はこちらが支払いました。
依頼した時に、どんな鍵になるのかは聞いていませんでした。入居の時に受け取った鍵はシンプルな鍵でした。私も主人も、防犯性の高いシリンダーのものだと勝手に思い込んでいたのでびっくりしました。隣の家も同じ不動産屋で、入居は半ほど前でした。鍵のことについて聞くと、隣の家はシリンダーの鍵でした。料金は同じで我が家は簡単に複製できる鍵です。戸建ということもあり、防犯面で心配になりました。
不動産屋で電話で問い合わせると、我が家は子供がいるため、合鍵が作れるように普通の鍵を選んだというのです。こちらの方が便利だと思ってわざわざ選んだと、怒られてしまいました。同じ料金を取って家によって差をつけるのであれば、事前に相談が欲しかったです。納得できませんでした。
そして、我が家にはキッチンに裏口があります。この裏口にも鍵が付いているのですが、家の引き渡しの時に鍵をもらっていませんでした。この件についても聞くと、最初から裏口の鍵はなかったので鍵は渡していないと言われました。
主人と話し合い、玄関の鍵と裏口の鍵は、ホームセンターで購入し自分たちで交換をしました。玄関はシリンダーの鍵です。賃貸物件の鍵の取り扱いの雑さに幻滅しましたが、自分たちで鍵交換し、解決しました。

鍵が抜けない!!どうしよう!!

昨年の7月に自宅の玄関の鍵が抜けなくて、交換してもらった体験談です。

1月に一度鍵が抜けなくて苦労したことがありました。その時は、潤滑剤であるKURE556を鍵穴周りに注入し、鍵を引き抜くことが出来ました。その後、不動産会社に勤める友人に相談すると、そんな時は、「KURE556よりシリコンスプレーがいいよ。」とアドバイスを受けました。『シリコンスプレー?』て、何だろうという疑問を思いながらホームセンターに走った記憶があります。値段は、確か400円ぐらいで購入できたと思います。玄関の鍵穴に注入しても、KURE556のような油分が無く、サラッとした感じで鍵の出し入れもスムーズになりました。
その後、何も考えず鍵の開け閉めをしていたのですが、突然、7月のある日仕事に行こうと鍵を閉め、抜こうとしても抜けません。『どうしよう!』10分ほど格闘しましたが、あきらめました。幸い、我が家は、塀で囲まれており、外からは鍵が放置されていることが見えないため、防犯上の不安はありましたが、そのまま出社しました。出社後、先ほどの不動産会社の友人に、メールで鍵が抜けなくて困っていることを伝えると、留守中に状態を見に行くと連絡がありました。その日の夕方に連絡があり、玄関ドアの鍵は、生産中止になったGOALのシリンダーであることが判明しました。シリンダー内の経年劣化が進んでいるので、シリンダーごと交換することを勧められ、費用は工賃込みで18,000円でした。しかし、鍵の知識のない私にとっては、友人のアドバイスは的確で有難かったです。ピッキングされにくいディンプル錠に交換し、今では快適に過ごしています。

恐るべし!鍵のトラブル

私は過去に鍵のトラブルでとても困ったことがあります。うちの子供が小さい頃、上の子供が保育園に行っている時に2階のベランダに洗濯物を干しに出た時のことです。下の子供が1歳になったばかりだったのですが、ベランダに閉め出されてしまいました。噂にはよく聞いていたのですが、まさか自分がそんな目に合うなんて思っていなかったのですごく焦りました。1歳の子供は後追いがすごかったので洗濯物を干す時もついてきてしまうため、ベランダに出る時は好きなテレビを見せて私だけ出るようにしていました。その日も好きなテレビを見せておいたら大人しくしていてくれたので早く済ませてしまおうと思い急いで洗濯物を干していました。無我夢中になっていたので子供が鍵のところを触っていることも気がつかなかったのです。干し終えて中に入ろうと思いドアに手をかけたところドアが開かないことに気づきようやく閉め出されてしまったことを認識しました。子供は何食わぬ顔でニコニコしながら私の方を見つめているのですが私は必死でした。ジェスチャーで鍵のところを指差して開けてという仕草をしたのですが、1歳児には到底わかるはずもなくどうしたらいいのか必死に考えました。このままだと上の子のお迎えも行けないしよりによってスマホを置いてきてしまったので、せめてスマホを持ち出していればよかったと後悔しました。30分ぐらい格闘した時に奇跡的に子供が鍵を開けてくれました。もう嬉しくて涙が止まりませんでした。30分ぐらいで済んで本当によかったです。その後どんな時もスマホを持ち歩くようにしています。

 

 

 

鍵 北九州

車の中に鍵を差したままドアロックしてしまった

“私は以前、自宅から30キロ以上離れた場所で、車の鍵をかけたまま、ドアロックをしてしまった苦い経験があります。
地元であれば、何とか知り合いに助けを求めたのですが、良く知らない場所だったこともあり、私はどうすれば良いか途方に暮れていました。

たまたま立ち寄ったスーパーでの駐車場で、買い物を終えた私は車に乗ろうと思った時に、鍵が無いことに気付きました。
そして、鍵が車の中に刺したままになっているのが見えました。

しかし、車は鍵がかかっていて、窓も完全に閉まってました。
私の様子を見た見知らぬ人がやってきて、近くの車屋さんに電話をしてくれました。

10分程度で車屋さんがやってきて、車のドアを開けてくれました。
連絡を取ってくれた見知らぬ人にお礼をするために、私は急いでスーパーへ戻り、ちょっとした箱入りのお菓子を購入し、その人に手渡しました。

その後、数十分後には車も元通りになりました。
私はその場で車屋さんに修理代を支払いました。

今の車ならば、鍵を差したままドアを開ければ、警告音が鳴るので、こういうことは起こらないと思います。
しかし、この時に乗っていた車はそういう装備がなかったので、こういうことが起きやすかったのだと思います。

この時の私はすっかりドライブ気分で、良い気持ちだったのですが、この一件でさっきまでののんびり感はどこかへ吹っ飛んでしまいました。
車を運転する時、または駐車するときは細心の注意を払うことが必要だと痛感しました。”

盗まれた鍵の取り替え

母が、お墓参りをしている時、何気なく置いたバッグがないことに気付きました。最初は、どこかにあるとの思いで、探していましたが、どこにもありませんでした。街中の寺でまさかバッグを盗まれるとは思っていなかったので、急に焦りだし寺の人に相談したようです。寺の人はすぐにおまわりさんを呼んでくれて、調べてもらったのですがどこにもありませんでした。おまわりさんによると、そのあたりは有名な寺院が並ぶ寺町で、お墓の陰に隠れて物色する置き引きが多数発生しているとの事でした。結局、バッグが出てくることはなく、当時、車で1時間くらいの所に住んでいた私に、おまわりさんが電話をかけて下さいました。バッグの中には、財布はもちろんのこと、家の鍵や保険証まで入れていたので、家に入る事が出来ず、合い鍵を持っている私に連絡がきたのです。私はすぐに車で、母のもとに向かいました。その間、私は気が焦り、急いで車を走らせていましたが、母は友達の所で談笑しながら待っていたのです。着いてすぐに母の家に向かい、合い鍵で中に入ることが出来ました。しかし、これで一安心というわけには行きません。何しろバッグの中には鍵とともに保険証が入っていたのです。住所が容易に分かるわけですから、鍵をそのままには出来ません。すぐに合い鍵業者を呼んで、新しい鍵に取り替えてもらう必要がありました。業者の方は、すぐに来て下さり、鍵本体を取り替えてもらえたので、これでやっと一安心でした。鍵と住所が分かる物を一緒に持っていてはならないと学んだ出来事でした。

せっかく集まったのに鍵が開かない

“私が生まれ育ったのは田舎町、高校に進学するには故郷から離れ下宿生活をしなくてはならないため、中学の卒業式には男子生徒も泣いてしまいます。受験することなく入れる中学と違い、高校はレベルに応じたところしか入れないため進学先はバラバラ、日常生活を送るのが不便な田舎町を一度離れると戻って来ない者は珍しくなく、そのため卒業式は盛大に行われます。
卒業式は毎年行われるのですが、卒業する生徒にとっては初めてのこと、思い出に残る卒業式にしようと考え私の年にはタイムカプセルを埋めることにしました。タイムカプセルには各々の思いの品などが入れられ、埋めたタイムカプセルを掘り出すのは10年後。
タイムカプセルを埋めたことなどすぐに忘れてしまい、お祭等で帰省をしてもタイムカプセルの話題になることはありませんでした。
10年が経ち、かつての卒業式実行委員会がタイムカプセルを掘り出す話をすると、「あー、懐かしい」、「どうなっているのだろう?」、「懐かしいって、まだ10年しか経ってないでしょ」、意見は各々。
卒業式は感動的でしたが、卒業から10年が経つとテンションはイマイチ上がらない、それでも掘り出す日には保護者など大勢の方が参加、何処を掘れば良いのかは分かっているため、男子がスコップで掘るとガツッと鈍い音。
大人になってもタイムカプセルを掘り当てた時は、昔と変わらない笑顔、ようやくワクワクし始めたのですが、掘り出したタイムカプセルは雨水が入ったのか中からポタポタ水が溢れていました。
代表者がタイムカプセルを開ける鍵を観衆に見せると「早く開けろよ」、暫くすると代表者は「鍵が開かない」、それを聞いた観衆からは「えー嘘でしょ」、「せっかく集まったのに」。
田舎町のため鍵屋は1件もない、タイムカプセルを掘り出すのに集まったのは日曜日で近くの鍵屋は定休日、せっかく集まったというよりは、もしかしたら2度と集まることは出来ないかもしれないため、出張でも来てくれる鍵屋をネットで探しました。
観衆が1人、また1人いなくなり寂しい気持ちでいると、町では見掛けない車がグラウンドに入って来たため、帰りかけた観衆からは「ヨッ、待ってました!!」
鍵屋さんは気恥ずかしそうに作業に取り掛かると、ものの5分でタイムカプセルの鍵を開けてくれました。
観衆からは「おー、凄え!!」、タイムカプセルに入っていた思い出の品などを見て笑う者もいれば泣く者もおり感動的、一方、鍵屋さんに料金を支払った者は「みんな、割り勘だよ」とは言ったのですが、感動している者の耳に届くことはありませんでした。”

自宅の鍵が鍵穴の中で折れるトラブル

“ある日、いつもの様に買い物にいこうと家を出ました。普段の通り、特に力を入れる事もなく鍵を玄関扉の鍵穴に刺し、回しました。すると鍵が入った状態で鍵穴から出た部分が折れてしまったのです。
運が良かったのか?まだ鍵を完全に掛ける状態でない時に折れました。ドアを開ける事は出来ますが、外から閉めることは出来ません。家の中からは鍵を閉める事が出来ました。一旦、外出を取り止めて事情を管理会社の方に説明しました。
鍵が途中で折れると言うのは私の人生の中でも初めての出来事で、管理会社の方にとっても初めての出来事でした。
鍵の業者を呼び、扉の鍵穴から鍵全てを取り変える事になりました。ただ、その日、そのまま直ぐに行う事は出来ずにしばらく時間を要する事になりました。
その当時、一人暮らしでした。会社にも行っていましたが、三連休を頂いていました。予定を特に入れていなかった事もあり、家の中には食べ物の備蓄もあったので家を出ないでも生活する事が出来ました。
こんな状態で家を離れて、会社に行くもの泥棒が入りそうだと怖かったし、食べ物が無ければ買いにいかないといけない状況も恐怖でした。
何気なく使っている鍵がこんな風に急に折れてしまう事も全くの想定外でした。
普段から少しの食糧の備蓄をしている事もあり、困難を乗り越える事が出来たと思います。運が良く、会社も休みだったのも安堵しました。家族がいれば交代でどうにか外出する事が出来たのかもしれないと思うとちょっと一人暮らしを恨みました。
又、鍵が二か所あれば一個詰まってしまってもどうにかなったのかなと思います。
予想だにしない事は普通に起こるんだなと思いました。備蓄は大事だなと思いました。”