2人暮らしだから起きた、家に入れない事件

“妹と2人暮らしを始めてから数ヶ月経ったころ、その日私は朝早くから用事があり、寝ぼけ眼を擦りながら家を出ました。寝不足だったのは、前日妹が旅行に行くのに準備が終わらないと泣きつかれて、夜遅くまで付き合ってたから。

ぼーっとしながら家を出て、用事を済ませて、夜帰宅すると家に鍵がかかってます。もう旅行に行ったんだなぁと思いつつ、鍵を探しましたが、どこにも見つからず、カバンの中身をひっくり返してもどこにもありませんでした。記憶を辿ると、鍵を部屋の中に置いたまま家を出てしまい、後から家を出た妹が鍵をかけて旅行に行ってしまったようです。あわてて、妹に連絡しましたが、もう飛行機の中らしく繋がりません。

途方に暮れましたが、アパートに入居した際、何らかのトラブルがあったときに対応してくれる保険会社のカードがあることを思い出し、事情を説明したところ、次の日に身分証を提示することで鍵を開けてくれるとのことでした。そこで身分証を探しましたが、どうやら部屋の中に置いてきてしまった模様…。電話したところ、住民票で良いとの回答をいただいたので、実家に先日取った住民票があることを思い出し、実家に帰宅。住民票を持って、次の日鍵を開けてもらいました。

色々と不運でしたが、実家に住民票があったり、帰れる距離や時間に実家があって良かったです。笑
この事件以来、朝必ず鍵を自分でかけ、キーケースをきちんと持ち歩くようになりました!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です