祖父の遺品整理、長年開けていなかった物置小屋の扉をオープン!

もう、かれこれ20年位前の話になりますが、祖父の遺品整理をしていた時の話です。昔の人だからなのか、今のように終活も言われていない頃だったのもあり、大量の遺品整理にかなりの労力を使っていました。中には少しお金になるものも見つかるので気力を持って続けましたが、金庫にスーツケース、カバン、どれも鍵がないのに困ります。鍵がまた別で見つかるものの、どれも合わなかったり、どこの鍵だ?というものも大量に出てきました。
その中で1番困ったのは倉庫(物置?)の鍵です。中に何が入っているのかも誰も知らない大きな物置小屋。このまま放置しておくわけにもいかず、いざネットで調べてみると、メーカーに問い合わせると時間はかかるものの案外簡単にスペアキーが作れるとのこと。良かった!!と、メーカーと番号を探すも、古いものなのか、全く見当たらず。。。そんな簡単にはいきませんでした。結局は鍵屋さんに電話して、あらゆる情報を伝えるも、すぐにスペアキーが作れる状態じゃないようでした。
しょうがない、ここは鍵のレスキュー業者を呼ぶしか方法が無いようなので、来ていただくよう手配しました。すると、もう鍵の劣化と型式が古いことから、「解錠」ではなく「開錠」する方が金額的にも時間的にもかからない、ということで、鍵を壊しての開錠をお願いしました。
すると、7つ道具の用なものを次々と出して無事、開かずの扉がオープン!中からのお宝を期待していましたが、出てきたのは庭、畑いじりの道具と大量の木材や砂でした。。。しかし、ずっと開かなかった扉があき、片付けも進み、気分はスッキリ晴れました。

商品庫の鍵が開かずにお客様を怒らせてしまった話

学生時代にバイト先で経験した鍵が開かないトラブルです。小売店でバイトをしていた時、朝一番のシフトでは、品出しと陳列作業がありました。その店では大体の商品は陳列されたまま店自体の鍵を掛けて営業終了とするのですが、一部の高額な商品は店の奥にある商品庫に移して、商品庫にも鍵をかけて管理していました。そして、朝一番のシフトでは商品庫から商品を出して陳列するのが日課でした。
ある時、いつものように店の朝清掃を終えて商品庫の鍵を開けてドアを開けようとしたときです。ドアノブは動くのにドアが開きません。もう一度鍵を開閉し、ドアノブをガチャガチャと動かし、それでもドアが何かに引っ掛かったように開きません。間もなく店長が来たので事情を説明すると、チラシをドアの隙間に差し込んでどこが引っ掛かっているのか確かめ始めました。すると、ドアノブと連動するはずの部分がロック状態になったままのようでした。
そうこうしているうちに開店時間となりお客様もちらほらと来店し始めました。そういう時に限って商品庫に現物がある商品を購入希望のお客様が現れてしまい、事情を説明すると「じゃあいい!」と言って帰ってしまいました。
その後も店長の努力もむなしくドアは一向に開かないため、結局鍵業者を頼んで開けてもらいました。業者さんによれば金属疲労のようなもので鍵、ロック部分、ドアノブを連動させる部分がダメになっていた、とのことで一式交換となりました。私も焦りましたが、店長は本社から鍵交換代の説明を求められたりと散々な体験でした。

車がない!鍵がない!家にはいれない!

車で家族で遊びに行った時、駐車し遊んでいるうちに楽しくなり結局車で来たものの代行で帰ればいいね、と飲酒することになりました。時間も忘れ楽しく遊んでかなりお酒もまわりいざ、タクシーを呼んで帰宅!そうなのです。。。皆、すっかり車で来た事を忘れてしまい、タクシーで約30分かけて家に帰るのでした。
すると家に車がない!!!そこで皆「あ!!車で行ったのに、タクシーで帰ってきちゃった・・・・」ガックリ。やってしまった。。。
でも疲れているし、眠いし、また往復1時間面倒くさいなぁ。。。明日、酔いが覚めたら電車で行って車で帰ってこよう!
そう決めて家に入ろうとすると。。。
「あ、、、鍵、、、がない!」
そうなのです、家の鍵を車の中に置いてきたのです。そしてその車を置いてきてしまい、誰一人として家の鍵を持っていないのです。仕方ない、もう一度タクシーを呼ぼう、そう考えたその時!そうです、我が家はセコムに入っていたのです。月額料金払っているのだから、こういう時に使わせていただこうじゃないか。
セコムに電話、恥ずかしいエピソードですが、事情を説明すると快く承諾いただき「今から向かいます!」とのこと。終電もなくなる、こんな時間の寒い中、私達家族は家に入ることも出来ず、あまりの恥ずかしさに、庭に入って温め合って待つことに。寒いし、トイレにも行きたいし、なんて大失態をおかしてしまったのだ、、、と体にしみます。こんな時の時間は本当に長いもので途中「駐車料金もかかるし、やっぱり取りに行く??」なんて気持ちふらふら、そう話しているうちにセコムさんが現れたのです。
庭で縮こまっている私達を見て「大変お待たせしました!」と、私達の目の前で、預けていた鍵を開封し無事開錠!!「セコムさん、ありがとうございます、こんな時間にすみませんでした。今後2度とこんなことで呼びません!!!!」
やってしまったなぁと自分を責めるエピソードでした。

家の中でまさかの密室トラブル

子供の時に親戚の家で発生した鍵トラブルです。親戚の家は私の家よりも大きく、遊びに行くと必ずそこの家の子と一緒に家の中探険をするのが楽しみでした。その日も大人の目を盗んで色々な部屋に勝手に入って遊んでいました。
親戚の子が、今日はおじいちゃんが出掛けている、というので普段入れない部屋に早速侵入してみました。部屋を一通り探険した後、私たちはドアの鍵を掛けたり開けたりする遊びを始めてしまいました。いつも鍵は子供が触らせてもらえないものだったので楽しかったのだと思います。
鍵はドアノブの中心に回転するつまみがあるもので、手が届くなら子供でも簡単に操作できるタイプでした。ひとしきり遊びましたが、大人にはおじいちゃんの部屋で遊んだことは内緒でした。そして、その日の夕方におじいちゃんが帰ってきてトラブルが発覚しました。部屋の鍵が内側から掛かっていて開かなくなっていたのです。室内用のドアなら外側からコインなどで開けられるものもありますが、そういったことが出来ないタイプでした。街の鍵屋に連絡していましたが、親戚の家はとにかく田舎でしたので到着まで時間が掛かるようでした。
その時誰かが、おじいちゃんの部屋は換気のため窓が開いていたことを思い出します。おじいちゃんは雪降ろし用の梯子を持ち出して屋根に上がり、窓から部屋に入って鍵を開けました。
鍵が掛かってしまった原因はおそらく、私たちが鍵で遊んでいる時に、半ロックの用な状態でドアを勢いよく閉めたためだと思います。
今思えば閉じ込められる可能性もあった危険な遊びだったな、と反省し自分の子供にも注意を払おうと思います。

鍵 北九州

え、なんでこんなところで、なんで今なの?

いつも通っているスーパー。その日もいつものように買い物をしに行きました。あれもこれも、それも買わなくちゃ、買い忘れのようなに、と。ああ、重たい、今日は食材買いすぎたかなあ?と思ってまたいつものようにどこに車をとめたかを忘れてきょろきょろ探しました。ああ、あったあった、そうだった今日は1台分しか空いていなかったからここにとめたんだった。私の車は一昔前のタイプのもので鍵穴に鍵を差し込んで回して開けるのです。ああ、それにしても重たい、えい、鍵を回して、、あれなんだこれ?動かなくなっちゃった、鍵が斜めを向いた状態でびくともそれ以上動かなくなってしまいました。ちょっとちょっと困るよう、こんなところでなんで今なんですか?私は旦那に電話をし、スペアキーを持ってきてもらいました。そしてトランクから鍵を開け中に入り中から運転席の鍵を開けました。旦那様よ、ありがとう。あなたがいなかったら今頃どうなっていたでしょう。本当に本当にありがとう。そして他にも故障があったのでその車は廃車しました。5年くらい乗ったかな?今までありがとうね、お疲れ様、とその車に声をかけました。
そしてもう一つ、鍵と言えば我が家の玄関の鍵です。我が家族3人は、工場だったところを改築してお風呂、トイレ、キッチンなどを備え付け住んでおります。築40年以上たっている古い建物。玄関の鍵は差し込んでくるくる回す古いタイプのもので油が切れているのか、さびているのか開かなくなることがしょっちゅうでした。ママー、開けてー、玄関開けてよー、と学校帰りの息子がしょっちゅう怒鳴っていましたが、はいはい、とは言ったものの開かないのです。くるくる回す部分が回らないのです。そんな状態になるのは3か月に1度ほど。こちらもまた旦那が活躍し、簡単ではありますが別のタイプの鍵をホームセンターで買ってきて使い勝手がいいように替えてくれました。
そんなわけでうちは鍵に関しては色々ありました。ですが今は一件落着。まあそうですね、一個一個解決するしかないですね。今は快適です。

家の鍵をなくし鍵のトラブル会社に電話をした

仕事で忙しくしていて、バッグを紛失してしまいました。その中身というと、そんなに大したものが入っていないと安心していたのです。ところがその後に、真っ青になることが発覚しました。それはなんといっても、そのバッグには家の鍵をいれていたからです。その鍵がないと家の中に入ることができません。ちょっと油断したことでそんなことになり、そのことについてもとても後悔したのです。そしてどうしようかと、真剣に悩んでいました。 そんな時、ふと鍵のトラブルにあったときに電話をしたらいいというところがあることを思い出すことができました。その鍵のトラブル会社のことを思い出して本当に助かったと思いました。もしもそのままだったら、家の中に入ることができずにそのときはホテルにでもとまることが必要となっていたからです。その会社のことを思い出し、本当に救われました。そして早速、メモをしていたその会社に電話をすることにしたのです。 家の鍵を紛失したことについて話をすると、できるだけ早めに家にきてくれるとのことです。とても不安な気持ちでいっぱいだったので、その言葉は神様にあったように嬉しかったです。その後は、本当に大体30分ぐらいで家に来てもらうことができました。家に中にさっと入ることができて、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。鍵のトラブルについては、いつ起きてしまうのかわかりませんね。今後も起きる可能性があるので、メモを無くさないようにします。

うっかりにも程がある鍵問題

40代、女性です。 私は、昔からのんびり屋の上に、ドジなところがあり、しょっちゅう鍵問題を引き起こしていました。 小さい頃は鍵っ子で家に帰ると持っていたはずの鍵がありません。 オートロックだったので忘れたことに気が付き、その瞬間、家の中にあることに気が付き、祖父母の家まで歩きました。 そして母が仕事帰りに迎えにきました。 それは大人になってもなおりませんでした。 さすがに家の鍵を忘れることはなくなりましたが、(何回かはありましたが) 車の免許をとり、運転をするようになったら、ドジを発揮し始めました。 今はセンサーでドアの開け締めをしていますが、その頃はエンジンキーだったので、エンジンは切るのですが、 抜くのを忘れ、そのままドアを締めてしまいました。 車の中に鍵があるのに何で閉まるか、40代以降の方なら分かると思うのですが、鍵のポッチを押して閉めると開かなくなるのです。 その瞬間に、外の窓から、中のささったままのキーを見て、座り込むのです。 そして、JAFに電話をかけます。携帯がないので、電話のあるところを見つけてかけて、来てくれるのを待つのです。 私はドジですが、JAFは来るのがとてもスピーディー。 ロックされたドアもすぐに開けてくれました。 「ありがとうございます。これからは気をつけます!」と言った次の日には、またキーの閉じ込めです。 その頃は、キーの閉じ込めという言葉があったのです。 そして私はまた電話を探してJAFのお世話に。今はスマホを忘れています。

まさかの鍵が折れて鍵穴が詰まってしまった

家の倉庫で使っていた鍵でした。その倉庫は掃除道具などよく使うものが入っていたので、頻繁に開けしめしていました。そんなある日、旦那側の祖母から頼まれていた骨董品のツボを今日査定に出すから出しておいてくれと頼まれました。祖母の家までは車でも一時間はかかるので午前中に済ませようおもいました。そして倉庫の鍵を開けようとするとバキッという音がしました。見ると鍵が手を持つとこしかありません。先はどこへ行ったのか探したのですが見当たらない。まさかと鍵穴を見ると詰まっていました。 こんなことがまさか起こるなんて…しかもこんな大事なときにトラブルに見舞われるなんてとパニック状態になりました。焦って妹に電話すると冷静に対応してくれなんとか落ち着きを取り戻しました。 彼女のアドバイスもあり、取り上げずインターネットで同じ悩みがないかを調べました。すると意外にも同じことで悩んでいる方が沢山いました。鍵の中折というらしいです。 対応しているお店も沢山あったので市内の5分で来てくれるという触れ込みのお店に速攻で電話で頼んでみました。言葉通りすぐ来てもらって簡単に直していただきました。費用も2500円程ととても安かったです。 鍵も無事開き壊れた鍵は複製できるから大丈夫だとも行っていただけました。まだ少し時間があったのでその鍵屋さんで複製を作ってもらって鍵をしっかり締めて、祖母から頼まれたものを無事届けることができました。 トラブル続きでしたが終わりよければ全てよし。本当に助かりました。

私の前に住んでいた方の合鍵があってびっくりしたこと

以前住んでいたアパートでの話しですが、入居前にきちんと下見をして契約をしました。そこの管理会社は地方の企業で知名度も業界内ではそこそこの位置でしたのである程度信用は置ける会社だったと思います。一通りの手続きを終えて入居初日を迎え荷物を運んでいると、備え付けの下駄箱の中にキラッと光るものがあり、確認してみると「鍵」が入ってました。よく見ると、どうも私が持っているその部屋の鍵そっくりだったので試しに使えるかどうか鍵穴に差し込みました。すると私が持っている鍵よりもスムーズに鍵が開いたのでびっくりしました。これはどういうことだとその瞬間は思ったのですが、先に荷物の搬入等をやりたかったので引越し作業を優先しました。本来はこの時点で管理会社に連絡をし、新しい鍵に変えてもらうべきでしたが、当時の私は面倒だったのか管理会社に連絡をせずしばらく放置してました。初めはあまり気にならなかったのですが、次第に強風時や何かのはずみでドア付近に音がすると、以前の住人が盗みにでもきたのではないかと思い始めした。しまいには「ピンポーン」と音がするたびに前の住人じゃないかと思い、これは心が健康じゃないと判断するにはあまり時間は掛かりませんでした。この時改めて管理会社へ連絡し即日鍵を交換してもらいました。今までのアパート契約でもこのようなことは無く、まあまあで事を済ませようとしましたが駄目ですね。昨今のアパート間で起きる事件等を考えると鍵等におかしな事があった場合は即対応するべきですね。もし前住民が悪い人間で私が何かの事件に巻き込まれたら目も当てられません。気をつけましょう。

このタイミングで、、、

数年前、まだ賃貸に住んでいた時の話になります。家は社宅の一階角部屋、日当たりもよく、閑静な住宅地だったので、とても住み心地が良い環境でした。家の周りは人通りはあるものの、騒音などはそこまで気にならない程度でした。1歳半を過ぎた息子を育てながら、二人目の出産に向けて準備中だった私は、体調変化の多い妊娠生活の中での子育てに一苦労していました。子育て環境には恵まれていましたが、私の両親も主人の両親も遠方に住んでいたため、体調が悪い時にもヘルプを頼める人がなかなかいなかったので、出産まで不安を感じることが多い日々でした。そんな中、毎朝の日課である洗濯物干しに取り掛かろうと準備をしていた時の話です。1歳半の息子がちょうどテレビに夢中になっていたので、今のうちに片づけてしまおうとベランダに出ました。その日は天気も良く、洗濯物をたくさん干してしまいたかった私は、いいタイミング!と急いで取り掛かりました。子供の様子を見てはいましたが、洗濯物が多かったのと、ぐずられる前に早く済ませてしまおうという気持ちで取りかかっていたのがいけなかったのでしょう。ふと家の中を見ると、子供がこちらを見てにこにこ。開けていた窓ガラスは閉められ、施錠されている!!!血の気が一気に引きました。鍵開けて!と必死にジェスチャーしますが、1歳半の息子には通じません。何を慌てているのかわからずきょとんとしています。しかし私の必死の形相が怖かったのか、ママがなかなか部屋に入ってこないのが不安だったのか、泣き出してしまいました。迷った末、妊娠中の私は大きなおなかをかばいながら、ベランダの手すりを超え、どうにか玄関に回りましたが、今度は玄関が閉まってる!!!スマホも家の中にあり、絶望しました。幸いお隣さんにはご挨拶程度の交流があったので、勇気を出してインターホンを押し、助けを乞いました。裸足、しかも部屋着でノーメイク、泣きそうでした。お隣さんは在宅されていたので事情を話し、主人の職場に連絡をしてもらいました。(同じ職場に勤めるファミリー用の社宅でした。)そこから主人が慌てて帰宅してくれましたが、どんなに早くても片道1時間。私はベランダに戻り、泣きわめく息子をなだめながら、鍵を持った主人を待ちました。昼間とはいえ真冬、しかも妊娠中、このタイミングで、、忘れられない出来事です。

鍵 北九州