電子キーの電池切れ

“以前住んでいたアパートの玄関ドアが電子キーで、あらかじめ設定した番号を入力するタイプでした。初めての電子キーだったのですが、その快適さにとても感動しました。昔からカバンの中でごそごそと鍵を探すタイプで、しかも当時は赤ちゃん連れだったので、赤ちゃんを抱っこしたまま鍵をごそごそと探すのに毎回苦労していたからです。子どもが大きくなったら番号を教えるだけで、鍵の紛失の心配をしなくてもよかったので本当に便利でした。そして数年後ある日、いつものように番号を入力したところ、突然ロックが解除されなくなったのです。突然のことに思わず混乱したのですが、すぐあることを思い出しました。そう、電池切れです。電子ロックが電池を使用していることも、電池が切れたら交換が必要なことも入居時に説明は受けていました。でも、あまりに突然の電池切れに、何の準備もしていませんでした。慌てて管理会社に電話をしたら、管理会社が電池を交換すると手数料がかかるため、市販の電池を購入して自分で交換することを提案されました。ただ、その日は自分の体調が悪かった上に、小さい子どもも連れており、とてもお店に行けるような状況ではなかったんです。即答で管理会社に来てもらうことを選択し、手数料と電池代を支払って交換をお願いしました。電池切れの前に音が変わりませんでしたか?と管理会社の方には聞かれましたが、なぜかまったく気が付きませんでした。
そんなことがあったので、その次の家は普通の鍵を選びました。もちろん、正しい使い方をすればとても便利な機能だとは思うのですが、しばらくはアナログタイプの鍵を使いたいと思います。”

 

 

 

北九州市の鍵屋さんなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です