まさかのトラブル

私は少しおっちょこちょいなので、子供の頃にお家の鍵をなくしたことが何度かあります。防犯的に大丈夫だったのかな?とも思いますが、家族がいるので家族の帰りを待ってお家にはいることができました。大人になって一人暮らしを初めてからは鍵を絶対になくさない方法を調べて、カバンや服に結ぶようにして鍵のトラブルに合わないようにしました。

結婚してからは一軒家に住むことなり、テクノロジーや新しくて便利なことが大好きだった私は、自宅の鍵をスマートキーに変えました。普通の鍵は使えるまま、スマホで鍵の開けしめができるという大変便利なものです。そんなの大丈夫なの?誰かが勝手に入れないの?と最初は不安もありましたが、大事なスマホを無くすことはないですし、鍵の開け締めは記録されてアプリでみれるようになっています。家族が何時に帰宅したのか、出かけたのかが分かるので逆に安心になりました。オートロックの機能もあるのですが、スマホを持たないまま出かけて締めだされてしまうのが怖かったので、その機能はオフにしていました。そうしてドジっ子の私でも鍵のトラブルはなくなりました。

が、ある朝の日、自宅裏のゴミステーションにゴミを出しに行きました。本当にすぐ裏なので手にしたのはゴミ袋だけ。自宅には夫がおり朝の支度をしていたので、何も持たずに家をでました。ゴミを捨てて戻ると… 玄関の鍵がかかっています。あれ、私は鍵をかけて出たっけ?鍵をかけるにはもちろん鍵かスマートフォンが必要なのですが、手の中にもポケットにもありません。朝のまだ眠たい頭でぼんやりしつつ一瞬焦りましたが、自宅には夫がいるので開けてもらうとインターホンを鳴らしました。鳴らしても返事がなく、おかしいなと思い暫く待ってからまた押しました。「ぴんぽーん」と音が響くだけ….駐車場を確認すると夫の車がない!そう、私が出ている一瞬のすきに、夫が出勤してしまったのです。夫に連絡しようにも携帯もなく、移動しようとしてもお財布もありません。困り果てた私はどうしたものか、夫の職場まで1時間近くかけて歩いていこうか?と悩んでいたところ、ちょうどお隣さんが出勤のためにでてきました。社宅が並んでいるため、夫と同じ職場の方です!「すみません」と事情を話し、夫に連絡してもらうことができ、無事家に戻ることが出来ました。本当の偶然で助けられ、とてもありがたかったです。夏の朝になるとたまにこのことを思い出しますが、どんな短い時間でも必ず鍵は持ち歩こう!と心に決めました。