車のキ-を車の中にかけたままロックしてしまってドアーも開けられなくなった。

鍵のトラブルはいくつかありますが、一番困ったのは車のキーをかけたままにしてドアーを閉めてしまったことです。 その時はゴルフの練習場に行ったときです。 このころは一つの趣味で、本番に行かない土曜日や日曜日にはいつもの練習場に通っていたのです。 その時はトランクからゴルフバッグ等を出して、ドアーは鍵で閉めるのではなく、ドアーの取手を半分開いて、そのまま閉めると、ドアーが閉められました。 この方が鍵をいちいち使わなくても閉められたのです。 その後にいつもの練習です。 いつもの仲間と談笑しながらの練習です。 約1時間くらいは練習をやります。 上級者が教えてくれるので、ためにはなりますね。 終わった後はコーヒーを飲みながら、いろいろとお話をして、そこの奥さんがその後にお煎餅とかお茶も出してくれます。 それで満足して、皆それぞれ車で帰っていきました。 そこで私もゴルフバッグをしまおうとトランクを開けようとしました。 すると何時もある所に鍵がないのです。 あっしまったと思いました。 車の中を見ると、鍵がささっていたままだったのです。 すると練習場のオーナーが出てきて、よく車のドアーを閉めたままの時に、あける道具をもってきました。 それを窓ガラスから差し込んで、何かしていました。 オーナーは通常はこれであくのだがと・・・ それで拉致があかなかったので、いつものディラーに電話しました。 そこのディラーは車で10分もかからない所にあるのです。 すると約10分くらいで係員が来てくれるということでした。 そこでそのままにして、また練習場の待合室でオーナーとお話をしてまっていました。 するとほどなくディラーの係員が来てくれて、オーナーが使ったものと同じような道具をもってきて、窓ガラスの隙間から入れて、すぐに開きました。 やはりプロだと思いました。 すると係員はこの道具は同じですが、ドアーのロックも上から押す方式と下から上に引き上げる方式があるのだと。 通常の車は上から押すのだが、私の車は下から引き上げるとロックが解けるのだと。 オーナーもそこまでは知らなかったということでした。 そこでその費用はいくらかと言うと、係員は、いつものお客さんだから無料だと。 そうもいかないので、私は係員に3千円を渡して、タバコ銭にしてくださいと。 今回は町中でいつものディラーも近かったのでよかったのですが、これがどこかの出先では困ります。 そのためその後にロックセンターに行って、鍵のスペアーをつくりました。 そこで車のカギは全部で3個になりました。 1個は家に置いておきます。 その他は車を使う時に鍵を2個持っていくようにしました。 通常の使用に1個、そしてスペアーは小銭入れに1個入れておくようにしたのです。 しかしそのような用心をしたのですが、その後は車に関してそのようなトラブルは発生しませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。