うっかりにも程がある鍵問題

40代、女性です。 私は、昔からのんびり屋の上に、ドジなところがあり、しょっちゅう鍵問題を引き起こしていました。 小さい頃は鍵っ子で家に帰ると持っていたはずの鍵がありません。 オートロックだったので忘れたことに気が付き、その瞬間、家の中にあることに気が付き、祖父母の家まで歩きました。 そして母が仕事帰りに迎えにきました。 それは大人になってもなおりませんでした。 さすがに家の鍵を忘れることはなくなりましたが、(何回かはありましたが) 車の免許をとり、運転をするようになったら、ドジを発揮し始めました。 今はセンサーでドアの開け締めをしていますが、その頃はエンジンキーだったので、エンジンは切るのですが、 抜くのを忘れ、そのままドアを締めてしまいました。 車の中に鍵があるのに何で閉まるか、40代以降の方なら分かると思うのですが、鍵のポッチを押して閉めると開かなくなるのです。 その瞬間に、外の窓から、中のささったままのキーを見て、座り込むのです。 そして、JAFに電話をかけます。携帯がないので、電話のあるところを見つけてかけて、来てくれるのを待つのです。 私はドジですが、JAFは来るのがとてもスピーディー。 ロックされたドアもすぐに開けてくれました。 「ありがとうございます。これからは気をつけます!」と言った次の日には、またキーの閉じ込めです。 その頃は、キーの閉じ込めという言葉があったのです。 そして私はまた電話を探してJAFのお世話に。今はスマホを忘れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。