やってしまった…まさかの締め出し!

それは、夜勤明けの朝のことでした。季節は冬、その日は降り積もった雪と吹き荒ぶ北風が印象的でした。仕事を終え、車を降り、早く家の中で暖を取ろうとやや急いでいた私は、玄関前でポケットに手を入れ、一気に背筋が凍りました。…鍵が無い。 落としてきたはずはありません、車の鍵と共にキーケースに自宅の鍵もぶら下げているからです。慌てて車内を覗くと、助手席には車の鍵と自宅の鍵がちょこんと置かれていました。インキーをしてしまったのです。 元来横着者の私は、リモコンキーの電池が無くなっていたのに気付いていながら面倒くさいと感じ、交換することもせず半ドアのまま鍵を閉め、取っ手を引いたままドアを閉めるというやり方を行なっていたのです。日々の横着が招いた悲惨な結果でした。 携帯は手元にあったのですぐさま24時間対応の鍵のプロフェッショナルがいるお店に連絡を取りました。その日は他にもインキーが発生して、2件ほど対応しなければならないとのことで1時間待つことに。寒空の下家の前でただひたすら待ち続けました。 1時間経った頃でしょうか、業者さんが来てくれた時は救いの神が訪れたと心から感謝しました。 このタイプの鍵なら簡単ですよとのその言葉通り、作業時間は5分もかからず、すぐに鍵を救出してくれたのが大変ありがたかったです。 ただ、24時間対応ではありますが深夜料金や早朝料金がかかるとの事で、費用は高額に…。迅速な対応でしたし、費用に関しての不満もないのですが、インキーは高くつくと学べた出来事でした。その一件以来、リモコンキーの電池は切らさないよう心がけ、同様の事件は起こらずに経過しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。